living

アーモンドミルクを飲み比べました(他の植物性ミルクも)

ご無沙汰してます。 しんです。

ぼくが牛乳や乳製品をやめたのが2019年の10月です。
それから牛乳の代替品として飲んでいるのが植物性ミルクです。

植物性ミルクには、アーモンドミルク、豆乳、ココナッツミルクなどがあります。
変わったところでは、ライスミルク、ヘンプミルク、ピーナッツミルクなんてものもあります。

植物性ミルクはヴィーガンの人が好んで飲んでいますが、牛乳アレルギーの人や健康に気を使っている人も飲んでいる身体に優しいミルクです。

牛乳に比べて全くクセがないとは言えませんが、アーモンドミルクはメーカーによって全然味が違います。

ここでは飲み比べて、ぼくが感じたことを書いてみます。
ぼくの舌は味覚音痴なので、美味しいものも美味しくないと言ったりするかもしれません。

※新しいものを飲むたびに増やしていきます。

5段階で5を最高とします。
1最低 → → → 5最高

特に注意書きがなければ、砂糖不使用です。

飲みやすさ:個人的に美味しいかどうか。
手に入りやすさ:田舎のスーパーで買うことができるかどうかを基準にします。
アマゾンで手に入る場合は2を基準とします。
添加物:少ないほど点数を高くします。

アーモンドミルク

アーモンドミルクは牛乳に比べるとカロリーが少なく、ビタミンEや食物繊維が豊富ですが、個人的には非常に飲みにくい(美味しくはない)と思っています。
でも豆乳はアレルギーがある人も多いので、その点アーモンドミルクは誰でも飲めるのではないでしょうか。

無糖のものにメープルシロップなどを混ぜて飲む人も多いようです。

グリコ アーモンド効果

日本で簡単に手に入るアーモンドミルクといったらこれでしょう。
そこそこ大きいスーパーであれば、わりと手に入れやすいです。
グリコの営業力はすごいですね。

砂糖不使用以外に、砂糖入り、コーヒー味などがあります。

飲みくちはさらっとしていて、アーモンドの香りが抜けていきます。
初心者にはうってつけですが、これに慣れてしまうと添加物が入っていないアーモンドミルクは飲みづらくなります。

飲みやすさ:4
手に入りやすさ:5
添加物:2

メリット:価格が安い、手に入れやすい、飲みやすい

デメリット:添加物が多い

EcoMil(エコミル) 有機アーモンドミルク

独特の味。
さすが無添加と思ったのですが、この商品はアーモンドの比率が少ないのか清涼飲料となっています。

味はアーモンドとともに感じる杏仁の風味がとても心地良いです。
そこまでは心地が良いのですが、後味に酸味のようなものと舌に粉っぽさが残ります。

最初は酸味があって、傷んでいるのかと思いました。
お腹が痛くなることはなかったのですが、飲みにくいのは間違いがありません。

飲みやすさ:1
手に入りやすさ:2
添加物:3

メリット:添加物が少ないが清涼飲料水

デメリット:価格が高い、好みがわかれる味

相方に飲ませたら、腐ってる!という第一声でした。

かなり独特な味。
だけどこれが本来のアーモンドミルクの味?

ポッカサッポロ アーモンド・ブリーズ 砂糖不使用

アーモンド効果よりも安価ですが、アーモンド効果よりも風味が独特でちょっと飲みづらかったです。

これならアーモンド効果を買うなあ。

飲みやすさ:3
手に入りやすさ:4
添加物:2

メリット:価格が安い、手に入れやすい

デメリット:添加物が多い

筑波乳業 濃いアーモンドミルク まろやかプレーン

ひとくち飲んで、これが本来のアーモンドミルクというものなんだと感じました。
要は美味しくない。

味としては上記のecomilと同じ味です。
ただこちらの方が酸味がなく飲みやすいです。

舌に残るざらつきと、重い飲み心地は好き嫌いが別れます。

ひとつ残念なのが、注ぎ口をハサミで切り取るタイプの容器です。
開封後に横にすることもできず、衛生的にも微妙なのでパッケージは改善してほしいです。

飲みやすさ:2
手に入りやすさ:2
添加物:4

メリット:添加物が少ない

デメリット:価格が高い、容器が扱いにくい

ブリッジ アーモンドミルク

味は濃いアーモンドミルクに似ています。
特に酸味は感じず、さらっとした飲み心地です。
口に残る嫌なざらつきもありません。

飲みやすさ:2
手に入りやすさ:2
添加物:5

メリット:添加物が入っていない

デメリット:価格が高い、手に入りにくい

タニタカフェ監修 marusanアーモンドミルク

タニタが監修ということで、さぞかし美味しい(飲みやすい)のだろうと思い6本セットで購入。
うちの田舎のスーパーでは見たことがありませんでしたので、ネットでポチってみました。

添加物が入っていますが、アーモンド効果ほどではないです。

期待して飲みます。

う、、、まずい!

いや、アーモンドミルクって美味しいものではないと個人的には思っているんですよ。
でもこれはかなり飲みにくい。
というか飲みたくない部類に入ります。

ぼくの舌が肥えてないというのを差し引いても、まずいです。
いやあと5本どうしたらいいのかと途方に暮れています。

味は濃いアーモンドミルクなどの無添加のものと同じこれだけだと飲みやすくはないです。
それはいいのよ。

でも後味が悪すぎる。
口に入れて味わおうとすると、めちゃくちゃ油っぽい。
こんな油っぽいアーモンドミルクを飲んだことがありません。

飲みやすさ:1
手に入りやすさ:3
添加物:2

メリット:安い

デメリット:とにかくまずい

豆乳 ソイミルク

豆乳はどこのスーパーにも売っていますね。

牛乳よりもカロリーや脂質は低くヘルシーです。

ただし、ぼくのようにアレルギー反応を示す人がいるので、一気に飲むのではなくちびちび飲んでみて、身体に異常がないか確かめながら飲みましょう。
ぼくは体調が悪いと気持ち悪くなります。

大塚食品 ミルクのようにやさしいダイズ

どこのスーパーでも売ってるのを見かけます。

the豆乳という味。
個人的にはかなり飲みやすいです。
ただ添加物が多いので、身体に良いかは?

飲みやすさ:3
手に入りやすさ:4
添加物:2

メリット:手に入れやすい、飲みやすい

デメリット:添加物が多い

オーツミルク

オーツと言えばオートミールが有名ですね。

アメリカではオートミールを毎朝に食べろと言われるほど栄養価の高いものです。
ちなみに2020年4月現在オートミールの品切れが目立ちます。
これは在宅の人が多くなり健康志向が高まっているのでしょうか。

bridge オーツドリンク

この商品はドリンクという名前の通り、完全なミルクではありません。

名称が清涼飲料水になっています。

味:これはかなり豆乳に近いです。
そして甘い!この甘みは純粋にオーツ麦から来ているのでしょうか。
豆乳が飲みたいけど、ぼくのように飲めない(場合がある)という方には、豆乳風味ということで飲んでみても良いのではないでしょうか?

メリット:豆乳が飲めない人でも豆乳風味を味わえる

デメリット:ミルクではない、手に入りにくい

飲みやすさ:3
手に入りやすさ:2
添加物:3

植物性ミルクの添加物

世の中に牛乳だけではなくたくさんのミルクがあります。

でも牛乳よりも高価であることに間違いがありません。
そして添加物が少なくなるほどさらに高くなります。

添加物は必要ないものでもありますが、価格を下げたりす飲みやすくするためにはやむを得ないと思います。
正直身体に害があるかどうかはわかりません。
そこは自分の身体と相談しながら飲むか飲まないかを決める必要があります。

自分に合ったもの、飲みやすいものが見つかると良いですね。

こちらの記事もおすすめ!