レビュー 生活

IOデータのCDレコ6を3ヶ月使ってわかった長所と短所

2022年8月12日

年齢を重ねて音楽からだいぶ離れていたのですが、最近は車で音楽を聴く機会が増えてきました。

少し余談。
車内で音楽はもっぱらサブスクなんですけど、CDにすればもっと音質が上がると。
でもCDを持ち歩くというのはなかなか難しい時代になったし、USBに曲を入れて持ち歩いたほうが楽。
余談終わり。

さてUSBにどうやって音楽を入れるかですけど、今まではPCに一度取り入れてという行為をしていたけど面倒で。
どうしたものか?
そんな矢先にアイ・オー・データのレコ6なるものがあることを知りました。
なんとこれ、PCを使わなくてもUSBに音楽を取り入れることができるそうじゃないですか。

いつものように前置きが長くなりましたがレコ6を買ってみました。

レコ6とは?

レコ6(シックス)はIOデータが販売している、スマホやウォークマンに音楽CDの曲を入れることができるスマホ用CDレコーダーです。


画像引用:IOデータ公式

レコ6の何が便利かといえば、PCを介入せずにワイヤレスでスマホなどに音楽を取り込むこができるということ。
また本体にSDカードやUSBメモリを挿入して、そこに音楽を取り入れることができます。

さらにApple MusicのアプリがあればCDの曲、端末内曲、サブスク曲を途切れさすことなく聴き続けることもできます。

とまあ、他にも色々あるのですが何かと便利そうではないですか?

レコ6の使い心地

レコ6は自宅などのwifiに繋げてスマホと連動させて使います。
レコ6使用中はスマホはネット接続ができません。

レコ6起動、スマホと連動、スマホアプリで操作という流れになります。
またジャケ写やタイトルなどは勝手に取得してくれます。
なぜかカネコアヤノの燦々はジャケットが表示されませんでした。

アプリの評価はかなり悪いのですが、個人的には取り込むことと再生においては大きな問題は感じませんでした。

微妙な点はCDの検索や読み込みが遅くストレスに感じる人もいるかもしれません。

またUSBへのデータ移行が慣れるまで面倒でした。
度々エラー表示になってしまったのですが、ネットで調べてもなかなか出てこず。
結局は一度電源を落とすということで解決しました。

本体がシンプルな作りなんだけど、電源オフ機能はつけてほしかったです。

USBを車内へ

今回レコ6では全てFLACというCDに近い音質で録音しました。

車内でUSBメモリでちゃんと聴くことができました。

でも車メーカーによる差もあるだろうけど、マツコネでのUSBの操作性が悪すぎて使いづらい。
Android AutoでSpotifyやレコ6、You Tubeのアプリを使ったほうが楽。

ということで、今回はレコ6を使ったというお話でした。
本体は12000円ぐらいと考えると許容範囲かなと。

メリット
CDとスマホだけで完結する
USBにも取り込める

デメリット
読み込みが長かったりと、快適とはいえない操作性
使用中はスマホでネットができない

-レビュー, 生活
-,