生活

タニタとオムロンの活動量計を買うならどっち?【比較】

2020年1月24日

活動量計って知っていますか?

昔は万歩計や歩数計と言われていましたが、現在は活動量計と言われているみたいで、歩数だけではなくカロリーまで計算してくれます。

普段どれだけ歩いているのか、どれだけのカロリーを消費しているのかなんてわかりません。

歩数がわかって消費カロリーもわかるのであれば、明日も頑張ってみようと思えるのではないか。(実際は本人のやる気だけど)
ぼくはダイエットしたいといつまでも思っているだけだったので、今回購入に踏み切ってみました。(買ったから痩せるわけではないけど)

格安のものもあるのですが、せっかくなのでヘルスケア製品の二大巨頭であるタニタとオムロンの活動量計を購入して比べてみました。

ぼくはオムロンが使いやすく感じたのですが、両社を比較しながらそのように感じた理由を説明していきます。

タニタとオムロンの活動量計の比較

今回購入する際にふたつのポイントを重視しました。
価格はほぼ同じなので除外します。

ポイント

  • スマホと連携できる
    スマホにデータを保存できるのはありがたいです。
    さらに体重計にもこの機能がついていれば楽に記録できます。
  • できるだけてんこ盛り機能
    個人的に機能が豊富な方がやりがいが出るという単純さです。

どちらも歩数計ですので、カロリーはそれに基づいて計算されています。

同じ歩数を歩いても、タニタとオムロンで誤差があるときもあります。

大きさはミンティアと比較していますがとてもコンパクト。

見た目の質感はオムロンが上かな。

計量を安定させるためにはパンツのポケットよりも胸ポケットの方が良いみたいですが、胸ポケットはなかったり嵩張るので基本的にパンツのポケットに入れています。

先日、茨城の筑波山に登山に行ってきたので、お供に持っていき測定してきました。
画像が見にくく申し訳ないです。

タニタ

当日の歩数
21389歩とかなり歩きました。

総消費エネルギー量
当日の安静時代謝量と活動エネルギー量です。

活動エネルギー量
当日の生活活動によって生じた消費エネルギー量です。

オムロン

当日の歩数
こちらは20396歩となっています。
ん?

上段が基礎代謝と活動カロリーの合計
下段が脂肪燃焼量になります。

活動カロリー
歩行、家事、デスクワークなどの活動で消費したカロリー。

階段を上った歩数になります。

※今回筑波山で計測しましたが、タニタとオムロンでは1000歩の差がありました。1000歩ってかなりの誤差です。
ただ、数日使ってみて、そこまで誤差があることはありませんでした。
たまたまの誤差だと思います。
たまたまの1000歩です。

タニタとオムロンを比較

半年ほど使用してみて誤差はそこまでありませんでした。

でも、良いところと悪いところが見えてきましたよ。

タニタ AM-161

タニタは表示されるものがシンプルでわかりやすい。
機能よりも分かりやすさを求めるならタニタです。

ここが良い

  • アプリへの転送速度が早い
  • 機能を割り切っている

アプリとの連携が素早く、ストレスを感じません。

ここが残念

  • オムロンよりも作りが安っぽい
  • 電池交換が面倒

後述しますが、作りが残念です。

オムロン HJA-405T

オムロンはタニタよりも計測できるものが多いです。
階段や早歩きなんてもものも計測してくれます。

ここが良い

  • 目標に向けて見やすい作り
  • 歩幅まで入力できる詳細さ

計測できるものが多いので、単純に見ていて楽しいです。

さらに最初のアプリの設定として歩幅を入力できるので、タニタよりもカロリー計算が正確だと思います。

ここが残念

  • アプリへの転送速度が遅い

アプリへの接続と転送速度がタニタに比べると遅いです。

タニタの電池蓋の使い勝手が悪すぎ

タニタの作りがオムロンに比べるとかなり安っぽいです。

それが如実に現れているのが電池蓋。

タニタは今時コイン等がないと蓋をあけることができません。
ちなみに、蓋が固いので溝の部分がコインで傷つきます。

この点はオムロンの方が1000歩ぐらいリードしてますね。

電池を交換する頻度は低いですが、このような細かいところはかなり重要になってきます。

交換頻度が低いといっても、交換するたびにコインを使うというのはストレスが溜まります。

アプリの使いやすさ

いちいちメモなんて取らなくても、活動量計をアプリと通信させればスマホに自動でデータを送ってくれます。

スクショですが実際に画像になります。

オムロン


ともて見やすい画面になっています。

タニタ

色付けされているオムロンの方が見やすいです。タニタはシンプルです。
でもタニタは表示が細かく出ます。

勘違いだったら申し訳ないのですが、タニタはこの入力直後の画面をあとから見ることができません。

おすすめはオムロン

結果的には好きなメーカーを選んでくださいになってしまいます。

が!

個人的にはオムロンが買い。

かなり使い込んできましたが、さらにわかったこととしてタニタは電池持ちが非常に悪い
オムロンの電池交換をする前に、すでにタニタは3回交換しています。

燃費が悪いのと、裏蓋の開閉がしづらいことに閉口します。
ぼくのタニタが外れで、実際は電池持ちはもっとあるかもしれません。

でもこれだとぼくがオムロンの人になってしまうので、タニタの良いところをあげます。

タニタの方がオムロンよりも体重計の分野では高評価なんですよね。
測定力はタニタの方が上かもしれません。

見た目と情報量が多いオムロンとシンプルで使いやすいタニタという感想になりました。
アプリの表示はタニタの方が詳しいのでそこも迷う部分かもしれません。

-生活
-, , ,