outdoor

登山で双眼鏡は必要ない?『オリンパス 8✕25 WPⅡ』を買ってみました

こんにちは しんです。

山に双眼鏡が必要かと問われれば。

絶対に持っていかなければならないわけではありません。
荷物になるだけだし。

でもぼくは見てみたかったのです。
山頂に到達して、遠くの山を近くに感じ、何があるかを遠くから見ることを。

ぼくは双眼鏡は今までほとんど使ったことがなかったし、そこまで興味もなかったので自分で買おうと思ったことはありませんでした。

双眼鏡の世界は手軽に持ち運べるものでも、上を見れば数十万なんてものもぶら下がっています。
当然そんな高価なものを買えるほどお小遣いをいただいておりません。

そもそも買って満足というのがぼくの性格なので、結局使わないなんてことになったら目も当てられませんし、嫁様に愚痴を言われて、さらに肩身が狭い思いをするのが目に見えています。

ということで、できるだけ手軽な製品を探しました。

OLYMPUS 8☓25 WPⅡ

なぜこの製品にしたか?

それは評判が良かったからです。笑

それだけだと話が終わってしまうのですが、個人的に気に入ったのがこちらです。

  • 価格が安い
  • 防水機能がある
  • コンパクト
  • そこそこ見える
  • 夜空は見えなくても良い

8☓25という数字ですが、8は倍率で25は明るさになります。

数字が大きくなれば、対象物の距離は近くなり、またキレイに見えます。
ただ手ブレも大きくなり、さらに価格も跳ね上がります。

『OLYMPUS8✕25WPⅡ』の使用感

正直驚きましたよ。

双眼鏡ってこんなに良く見えるのですね。

このクラスでこれですから、上位機種を使えばより鮮明に見えます。

デメリットというほどではありませんが、少し気になった点があります。

  • 眼幅調整がずれる
  • 視度調整がしにくい

この製品は折りたたむことができます。

当然これを開いて使うのですが、ロック機能があるわけではないので、すぐに動いてしまいます。

ですから、調節したあとに首にぶら下げて、さあ使おうと思って目に持っていくと、動いてずれてしまっているのです。

すぐに動かせるのですが、結構わずらわしいと思います。

この調節を左手で(右手でもできますが)回して距離を合わせます。

今度は右手でダイヤルを回して視度を調節します。
この右のダイヤルがめちゃくちゃ硬いのです。
回していけばゆるくなっていくのかもしれませんが、このダイヤルが硬いために回すのと同時に最初に合わせた目幅が動いてしまうのです。

慣れかもしれませんが、これはちょっと残念な部分でした。

『OLYMPUS8✕25WPⅡ』のまとめ

使いづらい点も書きましたが、個人的には十分に満足しています。
双眼鏡で見ることが楽しくなりました。

もうひとつ注意点があります。
先日公園で使ったのですが、ぼくのような男が使っていると変態だと妻に言われたので、女性がいる方向にレンズを向けるのは気をつけてくださいね。

今回はわりと安価な双眼鏡を購入しましたが、初心者のぼくが登山で使うには十分でした。
これ以下の価格帯だと、外で使うとなるとちょっと厳しいようです。

テント泊をして夜空を楽しみたい場合などは、もっと高価格帯の製品を選んでください。

こちらの記事もおすすめ!