other

追突事故で被害者になってしまった後の保険会社とのやり取りは面倒

交通事故の加害者になるか被害者になるかで保険会社とのやり取りはだいぶ変わります。

どちらかと言うと、被害者の方が面倒なやり取りを行うことになるはずです。

加害者に関しては、保険会社が代行してやってくれるので、基本的には相手との示談を松の実となります。

加害者の保険会社とのやりとり

基本的にぶつけられた場合は、相手の保険会社との交渉になります。
自分の保険会社に高いお金をかけていても関係ありません。

加害者が保険に入っていれば、加害者の保険会社から連絡がきます。
入っていなければ?

相手の保険会社と自分の体調やクルマについて話すことになります。

相手は百戦錬磨のプロです。
企業ですから、当然相手はいくらで落とすかに躍起になるはずです。
営利目的ですからそれは当然ですよね。

基本的にはムチウチ等になるはずですから、自分の症状を伝えましょう。

弁護士特約を利用する

今回の事故を起こして分かったのですが、あなたの自動車保険に『弁護士特約』があるかどうか確認してください。
まだ入ってなければ、加入することをおすすめします。

弁護士特約

  • 保険会社とのやり取りは全て弁護士に任せることができる
  • もらえる慰謝料が数十万上がる

弁護士特約を使えば、保険会社とのやり取りから解放されます。
通常相手の保険会社からは電話でのやり取りで進むのですが、かなりのストレスになります。
弁護士が代理をしてくれることで、仕事中にかかってくる電話に苛立つこともなくなりますし、保険会社と交渉しなくて良いので、精神的にかなり楽になるはずです。

また慰謝料をもらえる額が増えます。

物損で済ませるか人身扱いにするか

車に乗っていない状態でぶつけられたら物損になります。
もし乗っていた場合は人身扱いにすることができます。

人身事故扱いすることによって、相手に罰則をかけることができます。
例えば免停ですね。
怪我の具合によって、相手に与えるダメージが変わります。

この辺は難しいのですが、人身扱いにすると慰謝料が上がると言われているようですが、必ずしも人身扱いにしなくても良いようです。

物損事故から人身事故への変更する理由は、加害者への罰とも言われています。
簡単に言えば、ぶつけたのだからタダで済むと思うなよってことです。

物損事故から人身事故に切り替えることによって、警察に加害者も被害者も事情聴取を受けることになります。

完治するまでしっかりと面倒をみてもらおう

むち打ちは正式な病気ではありません。
言い方は悪いですが、痛いと言っているうちは慰謝料がもらえる可能性が高いです。

ただこの辺も車対人、車対車で治療にかかる期間は違ってくる可能性があります。

知り合いは一年ほど揉めているという話を聞いたことがあります。
もちろん治っていても、痛いと言い続ける人もいます。

ただし、保険会社も馬鹿ではないので、正直に言う方が後々のトラブルを避けられると思います。

まとめ

被害者は治療で身体を治し、慰謝料をもらう権利があります。

被害者が弁護士を入れないで、自分で対応するのは面倒ですし、保険会社はできるだけ安くしようとしてきます。

ですので、弁護士を入れて対応することが大切になると思います。

こちらの記事もおすすめ!